然別湖コタンで泣きそうになりました

 

帯広もあと数日になってきたんですが、
一人でいると休日も外に出なかったりするので
友達が十勝観光に誘ってくれました。

 

 

 

行ってきたのは「然別湖コタン」、
コタンって何するところなんだ…と
道中もいまいちピンと来てなかったんですが

 

鹿追町の観光協会によると

「わずか60日間、冬にだけ現れる幻の村」

とのこと。

 

 

行ってきた感想はひと言、

「手足痛くて泣きそうになるほど寒かった」

です。笑

 

上の写真、例のSJ4000で撮ったんですが

やたらと青味がちになってしまうので

よけいに寒々しく写ってます。

 

 

 

いつも帯広から北に抜けるときは
十勝大橋(大通を北に)を使うんですが、
今回はこんなルートで行きました。

 

 

 

 

雲がほとんどない快晴だったので
ずっと山が見えてました。
写真とっておけばよかった…
ストリートビューだと曇ってますが

道の先に山脈が連なっています。

 

 

 

 

しばらく行って鹿追町の道道85号線、
然別湖の手前に「扇ヶ原展望台」という
十勝平野を一望できるスポットがあります。

 

 

 

 

 

さらに行くと然別湖です。
夏、バイクでツーリングに来たいような
何ともたまらない水辺の道です。

 

 

 

 

 

 

で、さて本題の然別湖コタン、
凍った湖の上でいろいろやってます。

 

 

コタンで一番大きい建物。

雪と氷でできています。

 

 

 

 

ICE BAR、その名のとおり氷のバーです。

氷のグラス作りなんかもやってました。

 

白をバックに色とりどりのボトル、

見てるだけでも楽しめます。

 

 

 

 

チャペルに鎮座するくまさん。

と、うさぎ?(はじっこにいます)

 

 

ICE BARのボックス席。

一ボックスごとにデザインが変わります。

 

 

 

 

 

この氷の家は湖のほとりにあって、
中に入ればけっこう温かいです。

 

しかし、外の壁に取り付けられていたこれ

 

 

マイナス12℃を指してはいますが、
体感温度はマイナス20℃いってました。

 

氷上だからなんでしょうか、
地上の寒さとは質が違いました。

 

 

 

手の指が動かなくなってしまったので
早々に切り上げて帰ってきました。笑

 

 

 

寒いところで寒い寒いわめいてるのも
楽しいことには楽しいんですが、

 

今度はやっぱり暖かくなってから
札幌にバイク持って行くときに
ゆったり景色楽しみたいです。

 

 

 

けっきょく寒いことしか言ってないですが
3月21日までやっているそうなので、
泣くほど寒い思いをしたい人がいたら
行ってみるのがよいかと思います。

 

 

 

あと、スノーモービルにも乗れるみたいです。
自分で運転するのと乗せてもらうのとあって
料金がそれぞれ2000円と1000円だそうです。

 

 

僕は寒いのでやめておきましたが。
ただ立ってるだけでも寒いのに。笑

2016年2月26日

  PAGE TOP↑

[冬の北海道]  [コメント:0

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード