帯広氷まつり~猫とクロレラとわたし~

 

帯広は11月に40cm積もったきり
2ヶ月近くまともに降っておらず、
街中なんかだとあまり雪が残ってなくて
1月の北海道ってこんなだったっけ?
という景色だったんですが

 

1ヵ月半くらいぶりに思い出したように
おとといは20cmくらい積もって
冬らしい景色に戻ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

雪不足で危ぶまれていた帯広氷まつりも、
無事に開催できるみたいでホッとしてます。

 

小学生くらいまでは毎年行ってたんですが
(図工で作った氷のお面を展示してもらってました)
10年以上、下手したら20年くらい?行ってないので
今年は久しぶりに行ってみようかなと思ってます。

 

 

 

 

街コンなんかもあるみたいですね。
僕は興味あるのに行けないタイプです。笑

 

 

 

 

 

ところで。

 

幼少の僕は自由を体現した子供でした。

 

よその猫を子供用スコップで叩いたり、
友達の女の子の耳に噛み付いたり、
よその家のふすまにマッキーで「クロレラ」と、
さらにクロレラの絵を描いたり…

と、大きくなってから聞かされました。
(本当ごめんなさい)

 

この氷まつりにもエピソードがあって
「氷のすべり台の列で順番抜かした」と
冬になるたび母から言われます。
どれも身に覚えがありませんし、

自分がやったとは思えません。笑

 

が…エピソードの中身はどうあれ、
そういうの聞かされるとちょっと
ノスタルジーに浸りたくもなりますね。

 

 

 

猫はもう寿命を迎えてしまったでしょうし、

その女の子はもうどこにいるのかわかりません。

そしてクロレラのふすまは今はもうないでしょうが、

 

今年も氷のすべり台が無事に完成したら
今年も子供たちがわくわくしながら順番を待って
今年も横入りする奴がいるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

(クロレラです)

2016年1月16日

  PAGE TOP↑

[冬の北海道]  [コメント:0

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード