何でバイクでツーリングなんですか?クルマじゃダメなんですか?

 

タイトル元ネタ古くてすみません。笑

今日はそんな感じで書いていきます。

 

 

 

 

高校を卒業してから仙台で10年間、
バイクありきの生活をずっとしてました。

 

今月から札幌での生活が新しく始まって、
バイクの登場は減ることになりそうなると
改めて「何でバイクなんだろう?」と
考えたりしているこの頃です。

 

 

 

クルマでも自転車でもなく、バイク。
ドライブでもサイクリングでもなく、
バイクに乗ってツーリング。

 

もちろん、クルマで遠出するのも
自転車で近所を散策するのも
バイクにはない楽しみはあります。

 

 

 

だけど、僕に限らずいろんな人が
バイクでツーリングに出るのはなぜ?

 

 

 

一つに、距離的な問題がありますね。
中学生時代は自転車で80km走ったりしましたが、
もう30kmでもしんどいと思います。笑

大人になっても運動してる人以外は
そう変わらないんじゃないでしょうか。

 

バイクであれば朝から晩まで走りっぱなしなら
下道でも4~500kmくらいは移動できます。
余裕をみたら2~300kmが快適ですが、
それでもけっこうな移動距離です。

 

 

 

もう一つ、バイクの楽しみと言えば
季節感が肌でわかること。

 

春先でも、日が差してきて暖かく感じたり
逆に夏でも山に入ると空気がひんやりしてきたり

木々をくぐって葉っぱから出る水蒸気を浴びたり
炎天下でエンジンの熱にあえいだり
顔めがけて飛び込んでくる虫にうんざりしたり

 

急な雨で靴の中が泥水ジュポジュポになったり
秋になってきて全身ガタガタ震えたり
冬になって雪に顔をしかめながら走ったり

 

全部バイクでなければできないことです。
うれしくないのもけっこうありますが。笑

 

 
さらに、「バイクと一緒に走ってる」感覚。
コーナー手前でがつっと減速してバンク、
出口をめがけて加速してコーナーを抜けていく、
そんなスポーティーに乗るときも、
絶景のツーリングロードを行くときに
あたりを見渡しながらトコトコ走るときも、

 

やっぱりバイクは移動手段ってよりも
相棒っていうほうがしっくりきます。

 

 

 

それと、バイク乗り同士の仲間意識。
ツーリングを通して友達を作りたい、
っていうタイプではまったくありませんが

旅先で知り合ったり話しかけたりかけられたり、
バイクだとけっこう気楽です。

 

そのバイクかっこいいですねーとか
このスポットオススメだよとか。

 

 

 

福島の猪苗代か裏磐梯あたりを
ツーリングしてたときに出会った人。
一応、目線だけ入れておきます。

 

 

気さくで爽やかなナイス兄ちゃんでした。
たぶん普段は関わらないタイプの人ですが
こんな人に出会えるのもツーリングの魅力です。

 

でもこんな格好でバイクに乗るのは
絶対にマネしないでください。笑

 

 

 

まあ、バイクで長距離ツーリングするのは
クルマに比べて体力削られるし、
変な車に煽られたり幅寄せされたり
急な車線変更で巻き込まれそうになったり
もちろん大変なこともありましたが
慣れたらどうってこともないです。

 

それより何よりやっぱりバイクが好きなのは、
目的地に向かって走っていく過程で
何に出会えるかわからないワクワク、
そしてバイクと一心同体で走る楽しさ、
そこに尽きるんじゃないでしょうか。

 

 

 

いろいろ書きましたが、
要はバイク乗りたいよってことです。笑

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード