雪道のバイク、気をつけたい3つのこと

 

 

昨日と今日、雪すごかったですね。
北海道もまだ道東の根室・中標津あたりは
暴風雪警報が出ていたりで大変です。

 

僕は祖母が別海にいるので心配してたんですが
「こんなの何でもない」と気にもかけない様子です。
状況がつかめていないだけかもしれません。笑

 

 

 

ちなみに、帯広はもう降り止みました。
新しく積もったのは30センチくらいでしょうか。

 

 

昨日の夕刊で「市街地50センチ山間部100センチ」と
すごい予報が出ていて恐れおののいたんですが
杞憂に終わってよかったです。

 

 

 

 

 

さてさて。

 

北海道では、冬になってまでバイクに乗る人は
郵便屋さんのカブくらいしか見かけませんが、
僕は仙台のときは移動手段がバイクだけだったので、
多少の雪なら意地でもバイク乗ってました。

 

しかし、雪道でバイクに乗るのは危険です。
だってタイヤ2つしかついてないんですから。

 

 

冬タイヤ・チェーン履いてまでは乗りたくない、

でもバイクで出かけたら雪が積もり始めた、
バイクを置いては帰れない…

なんてこともあると思います。
(僕はそのパターンが多かったです)

 

 

 

そんなわけで今日は、

 

「雪道のバイク、気をつけたい3つのこと」

 

を紹介します。

 

 

 

①加速、減速はゆるやかに

 

 

発進や停止のように速度を変えたいときには
タイヤから路面に力を伝えてやる必要がありますが、

 

それが雪道で摩擦力が小さくなってしまったとき、
路面に伝えるべき力が逃げてしまって
加速したくてもリヤタイヤが空回りするだけだったり
止まりたいのにブレーキが利かない、どころか
タイヤがロックして横すべり、さらに転倒…
なんてことになりかねません。

 

発進できずにこけるだけならその場で済みますが、
走っているのが止まらないのはとても危険です。

 

 

歩き出すよりもゆっくり発進して、
10km/hくらいの最徐行で走行していって、
止まるときは50mくらい手前から徐々に徐々に、
そして急なエンジンブレーキも危険なので
スロットルをゆーっくり戻しながら、
薄ーく薄ーくブレーキをかけていって
最後は両足も駆使して4点で止まってました。笑

 

 

 

②曲がるときは車体をまっすぐ立てる

 

 

傾けないと曲がらないようなスピードでは
走らない、とも言い換えられそうです。

 

カーブで車体を寝かせても倒れないのは
遠心力が引っ張ってくれているおかげなわけですが、
その遠心力を支えてくれている摩擦力がないと
当然ズルッといきますね。

 

徐行してもカーブで倒してしまったら滑ります。
イメージは教習所でやったクランクの通過のように
ハンドルの操作だけで曲がっていきます。

 

 

…ちなみに、僕は高校時代、
冬でも自転車通学していたので
雪の歩道やキンキンに凍った横断歩道を
このテクニックを駆使して走りました。
おかげで転んだことがありません。
何の自慢にもなりませんね。笑

 

 

 

③雪の下に隠れた段差に気をつける

 

 

実はこれ、去年の雪の日に転んだパターンです。

 

路肩は除雪した雪が溜まっていたりして危ないので
道路の左側、わだちの上を走るようにしていたんですが、
まだ誰も走っていない小道に入ったときに
道路と側溝の境目の上を走っているのに気づかないで
段差にとられてパタンと倒れてしまいました。

 

換えたばかりのブレーキレバーが曲がりました。
面倒になってそのままにしてありますが。

 

 

あと、車道から歩道に入る段差も危ないですね。
なるべく縁石に垂直に入るようにしてました。
自転車でも角度つけずに上がろうとすると
ガガガッて(伝わりますよね?笑)なりますし。

 

 

 

【番外】雪道・凍った道でなくても注意

 

 

乾いた路面だと、つい普通に走りたくなりますが、
冬は路面はもちろん、タイヤも冷えています。

 

しばらく走っていると温まってきますが、
走り始めはタイヤが硬くて滑りやすいです。

 

 

僕は以前、駐輪場から道路に出るとき
いつも通りに加速していったら
リヤタイヤが滑って転んだことがあります。

 

そのときは幸い後続車がいなかったので
事故にはなりませんでしたが、
まさか転ぶなんて思ってもいなかったので
しばらく何が起こったのかわかりませんでした。

 

 

自戒も含めてですが、
冬道は乾いていても慎重に。

 

 

 

以上、僕の失敗をもとに紹介しましたが、
雪道は走らない、に越したことはありませんね。

 

僕はシャイなくせに目立ちたがりなばかりか、
慎重なのにときどき冒険したくなるような奴なので、
雪道が危なくて怖い気持ちは当然ありますが、
悪路を走破する冒険心みたいのも…正直ちょっとあります。

 

 

 

でも。自分が雪道をクルマで走っていて
前を夏タイヤのバイクが徐行して走っていたら…?
ましてや、それが目の前で転んだら…?

 

ほかの交通の迷惑になることを考えると
雪道や凍った道は無理しないのが一番ですね。
ここまで書いておいてアレなんですけどね。

2016年1月19日

  PAGE TOP↑

[安全運転]  [コメント:0

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード