【初心者】タイヤ交換のあと注意すること

 

ツーリング初心者が陥りやすい罠~
という記事をちょっと前に書きましたが、

 

ツーリングの場合でなくとも
バイクに乗るなら避けられない、
「タイヤ交換」というイベント。

 

 

 

 

僕のSRV250もタイヤ減ってたのが
去年からずっと気になっていて
先週末やっと交換できたので

 

「初心者がタイヤ交換のあと注意すること」
ということで書いていきます。

 

 

 

今回、僕はSRVを買って以来4年ぶりに
タイヤを交換したわけですが、

 

・毎日通勤などで何十kmも走る
・ツーリングで年に1万kmくらい走る

 

とかでなければタイヤ交換は
そう頻繁にするものではありません。

 

なので忘れてしまいがちですが、
新品のタイヤは滑りやすいです。

 

 

 

 

 

 

そこで注意するポイントは3つ、

 

・急加速・急ハンドル・急ブレーキは避ける、
曲がるときあまりバイクを寝かさない

 

・発進~停止を何度か繰り返して
タイヤの中央がマットな感じになったら
少しずつマットな部分の幅を広げていく

 

・タイヤのうち走るのに使ってる幅
(中央から半分くらい?)が
マットになったら(=皮むきされたら)
それからは普通に走ってもOK

 

っていうところです。

 

 

 

新品タイヤで調子に乗ることなく
気をつけて走ってさえいれば
バイクが傷ついて悲しい思いも
転んで痛い思いもすることありません。

 

 

 

僕のバイク歴は10年ちょっとです。
(公道じゃなければ20年くらい?)
が、タイヤ交換したことは3回だけです。
なので新品タイヤが滑ることは
うっかり忘れてしまいがちです。

 

バイク初心者だけじゃなく、
タイヤ交換したあとは気をつけましょう。

 

 

 

ちなみに、タイヤが新品じゃなくても
冬の寒い日で走り出した直後なんかも
タイヤが硬くなって滑りやすいです。

 

僕はそれで転んだことがあるので、
寒い日に乗るときも要注意ですね。

 

 

 

 

 

 

4年前の納車から履いていたタイヤ。

いろんな場所へのツーリングを

足もとからから支えてくれました。

今までありがとう!

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード