バブル遺産のテーマパーク・グリュック王国の今

 

GWが静かに終わっていきます。
今年はどんな過ごし方しましたか?

 

僕は帯広に帰省するついでに
愛車SRV250でプチツーリングしてました。

 

 

 

行ってみたのは僕おすすめ廃スポット、
ここ「帯広・グリュック王国」です。

 

 

グリュック王国は帯広郊外にあるテーマパーク。

1989年のオープン直後は賑わったものの

しばらくすると閑古鳥状態となってしまい

2003年に休園・2007年に閉園して今や廃墟…

 

という典型的なバブル遺産の珍スポットです。

僕がおすすめしてるの廃墟ばかりですね。笑

 

ちなみに僕は小学校あがる前(1992年くらい?)
一度だけ行ったことがあります。

 

 

 

 

Do As Infinityの「深い森」のPVも

グリュック王国で撮影されました。

 

 

THE YELLOW MONKEYの「バラ色の日々」も。

雰囲気たっぷりのロケーションです。

 

 

 

 

 

…さてさて、来てはみたけれど。

入ろうにも入口はこんな風に
厳重に封鎖されています。

 

 

 

 

まさか逮捕されるわけにいかないので

不法侵入しないように敷地外から

中をうかがってみましょう。

 

 

 

わき道から農道を走っていくと

またも同じような看板に出くわしました。

 

 

ここは正規の入口ではないので

入っていく人はいそうにないですが

それでもやっぱり厳重です。

外から見てるだけにとどめておきましょう。

 

 

 

 

グリュック王国の名前を冠した、

この「グリュック橋」と記念撮影。

こんなうらぶれた場所にも

SRV250はよく似合います。

 

 

 

バイクはここに置いておいて
歩いて散策していきます。

 

 

 

放置された備品に落ち葉が積もって

完全に荒廃しきってます。

10年くらい経ってますからね。

 

 

 

 

 

すぐそばに清流・途別川が流れていますが、

やっぱりものさびしい雰囲気です。

 

 

 

 

さらに歩いていくと。

白樺の林の中、建物がぽつぽつあります。

 

 

 

長いこと放置されていたはずなんですが

どれも傷んでいる様子がありません。

 

開園が1989年とバブル期の終わりころ。

そうとうお金かけたんでしょうか、

どれも廃墟のようには見えません。

 

遊具もわざわざドイツから輸入してた、

とかも聞いたことがあります。

 

 

 

そんな廃れた森をさらに歩いていくと、

だんだんどこが敷地の端なのか

わからなくなってきます。

 

 

うっかり入ってしまった可能性も

ないとは断言できないんですが…

敷地外から見るだけにすることを

改めておすすめしておきます。笑

 

 

 

 

そんな帯広・グリュック王国は

有名な観光スポットの幸福駅や

帯広空港からもすぐの場所にあります。

 

 

 

 

北海道ツーリングで付近を走るなら

ついでに寄ってみてはいかがでしょうか?

 

ただし、くれぐれも逮捕されないよう

「敷地外から見てるだけ」っていうのが

おすすめの楽しみ方です。

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード