カワイイをたべる29さい

 

おかしの館・あくつ。

 

 

 

 

帯広市の大正町という地域にあり、
街のおかし屋さんとして親しまれています。

 

大正町は金時やメークインでも
有名なところですね。

 

 

 

この「あくつ」、フリーペーパーでも
たびたび紹介されているようで、
大正町民でない友達も知ってました。

 

みんな食の情報には貪欲ですね。
観光客はもちろん地元民も。

 

 

 

 

新しい定番・極楽ぷりん。

 

口に入れた瞬間形がなくなります。
極楽の名は伊達じゃありません。
濃厚カスタードで骨を抜かれます。

 

 

 

 

昔からの定番・ミルクロード。

 

カステラ×ホワイトチョコのコーティング。
派手ではないですが、ほっとする味です。

 

 

 

 

そして、カラフルなマカロン。

 

色で選んだので何の味かは定かでないです。笑
緑が抹茶、ピンクは…何だったかな。

オレンジ色もあったんですが、食べてしまいました。

 

緑もピンクもオレンジもそれぞれ、
マーブル模様じゃない味がありました。
(例によって何味だったかはわかりません)

 

「体にカワイイを取り込む」とはこのことか、と

ちょっとわかった気がします。

 

 

 

 

 

 

ミルクロード1個と極楽ぷりん3個、
あとマカロンが3個で1000円ちょっとでした。

 

北海道はお菓子がリーズナブルです。
仙台だともう2~3割くらい、
東京はもっと高いでしょうか。

 

 

 

この「おかしの館・あくつ」、
国道236号沿いにあります。

 

 

 

 

国道236号は、帯広市街から
南十勝(中札内・更別・忠類・大樹・広尾)
に向かうルートです。

 

帯広を基点にして南十勝ツーリング、
逆に襟裳岬経由で帯広に向かうなら
この「あくつ」に寄ってみて
甘いもので旅の疲れを癒すのも
超インドア派のツーリングには
ぴったりかもしれません。

 

 

 

キャンプツーリングするようなアウトドア派も
きっと歓迎してくれるでしょう、あくつ。

2016年2月3日

  PAGE TOP↑

[おいしいもの]  [コメント:0

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード