崖の上のハイキョ・金坂組

 

 

 

 

札幌も春らしくなってきました。
昨日今日なんて冬の服装で歩いてたら
じわり汗ばんでしまうくらい。

 

春と呼べるか怪しいような北海道の春、
たぶんまた冬に戻ったりするんでしょうが
それでもやっぱり春はうれしくなります。

 

 

 

春になったらバイク乗りたい、
北海道戻ってきたことだしツーリングしたい、
どこかツーリングスポットないかなーと
昔の画像フォルダを漁っていたところ

 

すごいディープな画像があったので
今日はそれをおすすめします。
(大きい画像でどうぞ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…どうですか?

ゾクゾクするでしょ?

 

ちなみにこれ、何かというと
「金坂組」という採石場で
見ての通り、今は廃墟です。

 

札樽道(1971年に開通)ができる前に
操業を停止してしまったというので、
廃墟としては45年以上のものでしょうか。

 

これを撮ったのが2011年の7月のことなので
もしかすると今はさらに廃墟かもしれません。

 

 

 

この僕おすすめ廃墟、札幌から小樽市街の手前、
小樽市新光町という場所にあります。

 

 

 

 

仙台に住んでいたこの2011年当時、
友達の結婚式で札幌に来たついでに
無計画にツーリングしていた道中、
いきなりこの廃墟が視界に現れて
バイク停めて撮りまくったのが
さっきの写真たちです。

 

 

 

地元・北海道だとはいえ、道東民なもので
道央はどこを走っても新鮮に感じるんですが
こんなスポットがあるとは思いませんでした。

 

廃墟めぐりするほどマニアじゃないですが
それでも見つけると心ときめきます。
「ジブリ映画ならラピュタが一番好き!」
という人には伝わるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

この天空の廃墟…いや崖の上の廃墟・金坂組、
北海道のツーリングルートとして人気のある
オロロンライン(小樽~稚内)のすぐ側、
札幌→小樽方向でいうと左側に見えてきます。
(制御室みたいのだけなら札樽道からも見えます)

 

もし見かけたときはバイクを降りて
じっくり鑑賞することをおすすめします。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード