2016年、北海道ツーリングするなら?ベスト5

 

今年はせっかく北海道に帰ってきたので、
行きたかった場所いろいろ回ってみようと
今から考えています。

 

実際に行くのは暖かくなってからですが
ルートとか考えてるだけで楽しいです。

 

 

 

そんなわけで個人的ですが、

 

【2016年、北海道ツーリングするなら?ベスト5】

 

やっていきます。

 

 

 

まずは第5位から。

 

 

 

【第5位】洞爺湖

 

 

洞爺湖は、噴火でできたカルデラ湖です。
近くには有珠山や昭和新山があります。

 

山と山の間にロープウェイが通っているので、
それにも乗ってみたいです。

 

 

そして、洞爺湖温泉!
ツーリングで走り疲れたら、
温泉旅館でゆっくり泊まりたいです。

 

 

 

 

 

【第4位】室蘭・地球岬

 

 

室蘭に行ってみたい、と思ったことは
今まで正直なかったんですが

『親なるもの 断崖』という漫画を読んで
あー北海道にもこんな歴史があったんだなぁ、と
まだ入植して半世紀くらいのところもあるしなぁ、

なんて思いながら漫画の舞台・室蘭にも
感情が芽生えてしまった、というところです。

 

 

その『親なるもの 断崖』の中で、
東北の貧農から売られてきた幼い女の子たちが
急速に開拓されていく室蘭で遊女として
心身ともに苦しい生活を強いられる物語で、

 

この地球岬が何度も出てきて、
物語にとっては重要な場所となっています。

 

ちなみに、「地球岬」はアイヌ語が語源で
ポロ・チケプ=親なるもの・断崖、と
そのまま意味がタイトルになっているようです。

 

 

 

 

 

 

【第3位】北の京・芦別

 

 

北の京(みやこ)・芦別、という宿泊施設です。

 

20代なかばより上の北海道民であれば
もれなく知っているであろうB級スポットです。

 

 

このCMのおかげで認知度が高く、
北の京といえば芦別、芦別といえば北の京です。
(僕だけではないはず)

 

そしてCMに出てくる観音像、
1989年に建てられたもので高さは88mもあります。
いかにもバブルの遺産といった雰囲気。
主な怪しさはこの観音像のものでしょう。

(仙台にも100mの観音像があって、
僕のお気に入りのスポットでした)

 

小さいころから見ていたCMの宣伝効果か
ずっと泊まってみたいと思っていました。

 

3年前の夏に帰省がてらツーリングしたとき、
「ライフステージホテル天都」という名前で
じゃらんか何かに掲載されていたような気がします。

 

結局、富良野・美瑛をメインにしたので
芦別は却下となりましたが。

 

調べたらその夏には閉鎖されていました。
…行っておけばよかったです。

 

さらに今は宗教施設になっている様子です。

 

そこで生活している子供たちの
集団不登校がTVに取り上げられたり、
話題には事欠かないみたいです。
それはそれで行ってみたくなります。

 

そしてできたら観音像の中に入って
上まで上ってみたいです。

 

 

 

 

 

【第2位】オホーツクライン・宗谷岬

 

 

日本最北端の地。
そして、ライダーの聖地。

 

これより北は日本ではありません。
サハリンまで40kmくらい、
晴れたら肉眼で見える距離です。

 

 

 

 

電車の連結近く、バスの最後部、カフェの2階窓側…
端っこ、落ち着きますよね。

 

宗谷岬は、言わば端っこの中の端っこです。

 

 

 

 

 

そして最後に。

 

 

 

【第1位】知床半島横断道路

 

 

ストリートビューだけでも興奮できます。
北海道ツーリングの代表格ですね。

 

この道、ものすごい積雪のため、
11月~4月いっぱいは閉鎖されます。

 

 

 

閉鎖期間中でもこんなのがあるらしく。

 

 

これはこれで行ってみたいですね。

 

 

 

羅臼岳。

 

 

僕はこういう、岬近くの起伏のある道が好きです。
小さな山に挟まれてうねうね走っていて
突然ぱっ!と開けた景色に変わる瞬間なんて最高です。
その上に海まで見えたら、もう言うことないです。

 

ただし…霧がよく出るらしいので天気は運まかせ、
さらに熊が出るスポットとしても有名です。
日ごろの行いをよくしておくほかありません。

 

 

 

 

 

言ってるだけならタダですが、

今年はインドアを脱して行動に移したい!

 

※写真提供:北海道無料写真素材集 DO PHOTO

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード