午後から日帰りツーリング50km圏内の旅~石狩・厚田~

こんにちは。
8ヶ月ぶりです。

 

この8ヶ月、めまぐるしくて何が何やらで
浦島太郎状態になっております。
そしていつの間にか30歳になりました。

 

 

 

さて、今日は久々に走ったので
ちょこっと更新してみます。

 

 

 

 

 

 

札幌はこの冬、雪がものすごくて
(雪少ない帯広出身の僕目線ってのもあるかも)
もはや災害なんじゃないかと思いながら
やっとのことひと冬を越えたところでした。

 

それでも暖かくなったり寒くなったりの繰り返し、
今日は最高気温ひとケタの寒いほうの日でしたが
午後に「でかけよう!」と思い立ち
石狩~厚田まで行って帰ってきました。

 

 

 

往路の道順はこんな感じ。
(復路は覚えてません…)

 

 

 

 

札幌~石狩をオロロンラインで抜けていくと、
ゆるいカーブと起伏のある海沿いの道に続きます。

 

 

 

 

途中、素敵な廃屋があったりして。

しばらくここで撮影会でした。

 

 

このあたりは別荘も多いので
誰かの別荘の末路かもしれません。

それはそれですごく雰囲気あります。

 

 

 

もう少し走って厚田の手前あたり。
起伏のある丘、崖、遠くに山、青い海…
ここまで揃った絶景です。

 

 

あまり観光地としてメジャーでない場所ですが、
道民と思われるバイクがいっぱい走っていたので
みんなやっぱりこの景色が好きなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

この季節はまだまだ寒いので、
温かい車内で景色を眺められる分
クルマでドライブのがよいかも…

 

帰りは寒すぎてただただ早く帰りたかった、
そんな「午後から日帰り50km圏内の旅」でした。

帰省の旅、志なかば引き返したの巻

 

ちょっと時間が経ってしまいましたが、
お盆に帯広帰省ツーリングしたときのことを。

 

 

 

 

 

 

札幌から帯広は下道で実走行210km、
うち夕張~日勝峠~清水の100kmは
しばらく山あいの道が続きます。

 

とは言っても急なカーブもそうないので
休まず行けば4時間半くらいで着きます。

 

僕はゆったりツーリングを好むので
1時間ごと10分くらい休憩します。
(体勢保つだけでも疲れるからね…)

 

ただ、程よく風景も変わってくれるので
急ぎじゃないかぎり下道がおすすめです。

 

 

 

さてさて、僕の夏休み初日・8月11日!
前日飲んだせいで13時の遅い出発です。

 

 

天気は快晴、帯広に着くまで雨の心配もなく
順調に行けば明るいうちに着くでしょ、と
気持ちよく走り出した1時間後…

 

 

 

 

 

何てこと。

 

会社の「大事」かつ「急な」用事で
泣く泣く札幌にUターンする羽目に…。

 

 

 

何とも暗雲立ち込める滑り出しですが
何とか翌日仕切り直して出発!

 

札幌の街を抜けてしばらく走って

前日Uターンした地点もパスすると
風景はやがて一面の畑から山あいへと
少しずつ変わってきます。

 

 

 

 

 

日勝峠の日高(西)側、
バイク入れて撮るのにぴったりな

奥行きのある広がり。

 

 

絵になるSRV250!
そして日勝峠の頂上。

 

 

特に何もない場所ですが
こんな看板で記念撮影したくなるのは
水曜どうでしょう育ちだからでしょう。
(特に、カントリーサインの旅)

 

 

 

さらに、いくつものトンネルを越えて
夏でも震えるくらいの寒さに耐えながら
しばらく走ると…いつの間に十勝側です。

 

 

 

 

 

日勝峠ドライブイン、
こんな奇特なお土産も。

 

 

トイレの前で出迎える剥製たち。
買い手は現れるのでしょうか。

 

 

 

 

 

…そんな一コマも束の間、

剥製とも別れて山を下りていき
帯広へ急ぐ清水あたりの国道38号沿い、
ここでも不穏なオブジェが目に留まります。

 

 

枝を払われ高さも揃えられた白樺の並木。
しかもここだけでなくて何箇所も同じように。

 

 

帰ったとき親に聞いてみたらよかったな。
何なのかわかったら追記します。

 

 

 

 

 

 

そんなわけで無事に帯広の実家にたどり着き、
しばしの夏休みを満喫したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、札幌へ帰る途中の
夕張あたり(?)の川沿いにて。

 

 

これもまた何もない場所ですが

今回イチのお気に入りスポットです。

 

 

 

 

 

そんなこんなで初日に往復したの合わせて
ジャスト500km(!)で札幌に帰りましたとさ。

 

 

 

 

 

 

…さて。

話は初日に戻りますが、

 

休み前に全部やっつけたつもりで
何でか用事は降って湧いてくるもので、
ツーリングや長旅の前はなおさら
キレイさっぱりやっつけて
気持ちよく旅に望みましょうね。
(今回ほとほと痛感しました)

 

ちゃんちゃん。

北海道限定「知らぬ間にメリッ」

 

北海道ツーリングの最盛期、お盆休み。

それもいよいよ去っていこうとしています。

今年はどこか行けましたか?

 

 

僕はというと地元に帰ってただけなんですが

それでもバイク乗って遠出するのは

日常のあれこれから自分を切り離して

何も考えないでぼけーっとしていられる

貴重な貴重な時間です。

 

 

 

さて、そんなお盆最終日の今日は

北海道をツーリングする上で避けて通れない

「バイクを停めるときの注意すること」を

紹介してみます。

 

 

 

 

そう、僕の愛車・SRV250Sでございます。

いかにも澄ました顔で立っていますね。

 

しかしこのSRV250Sの足元、

サイドスタンドを見てみると…

 

 

メリッと。

めり込んでしまっています。

一体何が…?

 

 

 

しばらくわかりませんでしたが、

昔聞いた「あること」を思い出しました。

 

 

 

それは。

 

北海道のアスファルトは本州よりもやわらかいため、

夏の暑い日にアスファルト上でバイクを停めておくと

数分でスタンドが地面にめり込むことがある…、と。

 

(道民なのにすっかり忘れてましたが…)

 

夏と冬との気温差が50℃以上もある北海道、

(場所によっては60℃以上あったり)

普通の混合比だと耐久性が落ちるため

アスファルトも北海道仕様となっているそう。

 

 

 

今回はアスファルトに穴が開いたのみで

バイクの転倒はありませんでしたが、

とはいえやっぱり道路に穴あけておいて

気持ちのよいものではありません。

 

 

 

そんなわけで。

 

北海道でも気温が30℃超えるくらいの真夏

(7月末~8月中ごろ)にツーリングするときは

 

まずは自分のバイクのために、ついでに道路のためにも

スタンドの下にかませる何かしらの板を持参しましょう。

いざ準備する段になると忘れそうですけどね。

 

 

 

さて、、、

僕の短い夏休みも終わって

明日からは社会に復帰します。

 

できることなら全力で引き止めてやりたいですが、

時間の流れはそれを許してくれません。

 

気持ちだけ知床半島にでも飛ばしながら

また日常生活に戻りましょうか。

夏めいて来ましたね札幌・大通公園

 

仕事に忙殺されて休日も死んだようになって
インドア派から逃れられずにいます。
あともうちょっと体力と気力があったら…!!!

 

さて、そんな7月いかがお過ごしでしょうか。
札幌もだんだん夏に近づいてきました。

 

 

大通公園、写真は平日の夕方なのでまばらですが

土日は特に、ベンチも芝生も人でいっぱいになります。
みんな思い思いにのんびりしてるので、
仕事の途中に大通公園を横切るときなんて
うらやましすぎて怒りすら湧いてきます。笑

 

 

 

さてそんな大通公園、札幌に来てから初めて
名物「焼とうもろこし」の屋台を見かけました。

 

 

仕事中だったので写真だけ撮って戻りましたが、
休日で外出する元気ある日なんかには

観光客気分でビール片手にほおばってみたいです。

 

そんな大通公園でした。

ごきげんよう…。

 

80年代が生んだホンダの奇作50cc『モトコンポ』とは!?

 

 

こんにちは。
気づけば6月も終わろうとしてますね。

 

最近は仕事でばたばたして
バイクでのんびり遠出に~ってのが
なかなかできなくて歯がゆいです。

 

 

 

さてさて今日は
実家に帰ったときに発見した
ホンダの原付『モトコンポ』を
紹介してみます。

 

 

 

モトコンポとは何か、というと
ホンダが1981~1985年に販売していた
折りたたみ式の50ccバイクです。

 

 

モトコンポ、という名前だけでなく
NCZ50という車種名もあるようです。

(上の画像はWikipediaより)

 

 

 

僕は80~90年代くらいのバイクが
ほどほどクラシカルで好きなんですが
こんなのは全然知らなかったです。
しかも、それが実家にあってびっくりです。

 

冒頭の画像はハンドル・シートが収納されていますが
あの状態だけ見ても正直走れるイメージがわきません。
というか…そもそもバイクに見えません。

 

 

ちなみに、こんな風に

ガチャガチャ組み立てるようです。
(埋め込みできないのでリンクです)

 

モトコンポな風景。

 

 

 

こんな見てくれながら最高速は45km/h、と
まあまあ走ってくれるようです。
(昔乗ってたジャズが52km/hくらい)

 

 

 

そんなわけで、普段見かけることもありませんが
まだGooBikeとかで出品されてるようですし

 

他人とはちょっと違う原付に乗りたいって人や
おもしろいセカンドバイク探してる人なんかは
選択肢に入れてあげたらどうでしょう、
このホンダの奇車・モトコンポ。
さすがにツーリング用途には向きませんが。

 

2016年6月27日

  PAGE TOP↑

[バイクのこと]  [コメント:0

1 / 912345...最後 »
 

プロフィール



羽村悠志

北海道に帰ってきた
超インドア派の29歳。
地元は帯広、今は札幌。

SRV250Sに乗っています。
好物は音楽とマンガです。

最近の投稿
 

ページの先頭へ

買い物 クレジットカード